もちもの紛失防止(スマートタグ)

Anker eufy Security SmartTrack Link レビュー‼ 【AirTagとの違いやAndroidでの使用感も解説】

※当サイトではアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

Anker eufy Security SmartTrack Linkは、モバイルバッテリーやイヤホンなどで高い評価を得ているAnkerから登場したスマートタグ。

スマホと連携してもちもの見つけるサポートをしてくれます。

SmartTrack Linkの画期的な点はAppleデバイスがつくる「探す」ネットワークで位置を検知できること。AirTagと同じように近くにiPhoneが通ることでに位置情報を取得できるため、その検知能力は圧倒的です。

そのほかの機能も充実しており、「探す」ネットワークが使えないAndroidユーザーにとってもおすすめできるスマートタグになっています。

この記事ではそんなAnker eufy Security SmartTrack Linkについて、20種類以上のスマートタグを実際に購入し、使用してきた筆者が解説していきます。以下のような疑問は晴らすこと出来ると思うので、購入を考えている人はぜひチェックしてみてください。

えている人はぜひチェックしてみてください。

この記事でわかること

  • SmartTrack Linkとは?機能や電池などのスペックはどうなってる?
  • 「探す」ネットワークが使えるけど、AirTagとどっちがいいの?
  • Androidユーザーにもおすすめできる?TileやMAMORIOのほうがいい?
  • SmartTrack Linkを使った評判は?デメリットはある?
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

Anker eufy Security SmartTrack Linkとは

Anker eufy Security SmartTrack Link(以下SmartTrack Link)とは、Ankerから登場したスマートタグ(紛失防止トラッカー)。

スマートタグとはスマホのGPS機能などと連携して紛失物を探すサポートをしてくれるアイテムです。

 

Ankerはモバイルバッテリーやイヤホンなどで高い人気と信頼を集めているメーカー。このSmartTrack Linkも流石と言える仕上がりのスマートタグとなっています。

音を鳴らす機能や置き忘れ通知機能などのスマートタグの標準的な機能を一通り搭載していることに加え、iPhoneユーザーにとってありがたいのがAppleの「探す」ネットワークで検知できること。誰かのiPhoneやiPadがSmartTrack Linkに近づくだけで位置情報を取得することが出来ます。

 

またタグ型のSmartTrack Linkと同時にカード型のSmartTrack Cardも登場しています。

取り付けたいもちものに合わせて形を選べるのが嬉しいところです。

Ankerの紛失防止トラッカー一覧
  SmartTrack Link SmartTrack Card
タグ型 カード型
取り付けやすいアイテム 鍵、バッグ、ポーチなど 財布、パスポートなど
写真

基本的な機能はどちらも同じなので、財布用にSmartTrack Cardの購入を考えている人も本記事を参考にしてみてください。

 

Anker eufy Security SmartTrack Linkでできること

SmartTrack Linkには見つけるための様々な機能が搭載されています。まずその機能について、詳しくチェックしていきます。

 

マップ上でSmartTrack Linkを確認できる(「探す」ネットワークで位置情報を更新)

SmartTrack Linkの場所はアプリの地図上で確認することが出来ます。

表示される場所は、スマホと接続している場合は現在の位置、していない場合は最後に接続していた位置

もちものをどこかに落としてしまったときに、この位置が探すための手掛かりとなってくれます。

 

さらにiPhoneと接続して使用している場合は、Apple製のデバイスが形成する「探す」ネットワークに参加することが出来ます。これによって、AirTagのように誰かのiPhoneがSmartTrack Linkに近づくだけで位置情報を取得することが出来ます。

「探す」ネットワークに対応しているため、近くを通ったiPhoneから位置情報を取得できます。

 

出典:探す(Apple)

 

「紛失モード」で見つけてくれた人にメッセージを表示

SmartTrack Linkの裏面にはQRコードが印刷されています。これをスマホで読み取ると、あらかじめ登録しておいた

  • 名前
  • 連絡先(電話番号、メールアドレス)

  • セージ

  •  

を表示することが出来ます。

 

これによってSmartTrack Linkを誰かが見つけたときに、その人と連絡を取れるようになります。

見つけてくれた人は裏面のQRコードからメッセージを確認できます。

手元から離れたときに通知がもらえる

スマホとSmartTrack Linkが離れたときに通知を届ける機能が搭載されています。

通知によってもちものをどこかに置き忘れてしまうことによる紛失を防ぐこと出来ます。

 

iPhoneの場合は指定した場所にもちものが置かれている場合は通知をオフにすることが可能。自宅や職場を指定しておけば、そこに置いたまま離れても通知が来ることはありません。誤通知を少なくして快適に使用できる嬉しい仕様となっています。

 

音を鳴らす機能でSmartTrack Linkとスマホを見つけられる

家でSmartTrack Linkをなくしてしまったときは音を鳴らす機能ですぐに見つけることが出来ます。

 

この機能はスマホとSmartTrack Linkがスマホと接続しているときに使用可能。

スマホとの接続距離は最大で80mほどで、家での使用であれば十分の範囲です。

 

音の大きさを騒音計で計測してみると、最大で80dB程度。

これは防犯ブザーやiPhoneの最大音量のアラームよりも少し小さいくらい。同じ部屋内であれば十分聞こえるくらい音量です。

アラームの音量は80dBくらい。同じ部屋内なら十分聞こえるような大きさです。

さらにSmartTrack Linkの本体を2回クリックすることで、スマホを鳴らすことも出来ます。

1つのSmartTrack Linkでもちものとスマホの2つの紛失を防げる嬉しい仕様です。

 

家族や職場内での共有が可能

SmartTrack Link は最大で6つのアカウントで共有して使用することが出来ます。リモコンや車の鍵など、家族や職場内で共有しているものに取り付けるときに便利な機能です。

 

なお共有する際には、共有先のアカウントを「ゲスト」か「管理者」のどちらかを選択することが出来るようになっています。

ゲストと管理者の使用できる機能は以下の通りです。

    • ゲスト・・・・・・紛失時にマップ上での位置情報の確認のみ可能

    • 管理者・・・・・・基本的な機能は全て利用可能

 

Anker eufy Security SmartTrack Linkの外観

次にSmartTrack Linkのサイズや形状について詳しくチェックしていきます。

Anker eufy Security SmartTrack Linkのサイズ
37 mm
37 mm
厚さ 6.6 mm
重さ 10 g

カギやバッグに取り付けやすいサイズ感

正方形で左上にフック穴があるシンプルな形状となっています。

サイズは縦×横×厚さが37mm×37mm×6.5mm。500円玉より一回り大きいくらいです。

 

厚さは6.6mmで500円玉約4枚分

鍵などと一緒にキーホルダーとして取り付けるにほとんど気になりませんが、財布や小銭入れに入れる場合は少し気になる厚さという印象。財布などに使う場合は、SmartTrack Cardも検討してみましょう。

 

AirTagと並べると、サイズ感はほとんど変わらない印象。Security SmartTrack Linkはストラップホールがある分、取り付けには便利です。

 

見つけるための機能性が備わったデザイン

オモテ側はブラック一色に「eufy SECURITY」のロゴのみのシンプルなデザイン。

「eufy SECURITY」のロゴはボタンになっていて、2回クリックでスマホをならすことが出来ます。

 

ウラ側には紛失モード時に見つけてくれた人にメッセージを伝えるためのQRコードが印刷されています。

カラーはブラックのみ。カバーを付けて好きなカラーに

登場しているカラーは現在のところブラックのみです。

カラーを変更したい場合はカバーを付けるのもあり。

衝撃や落下による故障の防止にも役立ち、一石二鳥の働きをしてくれます。

 

Anker eufy Security SmartTrack Linkのスペック

次にスマホと接続距離や電池寿命などのSmartTrack Linkのスペックについて、詳しくチェックしていきます。

Anker eufy Security SmartTrack Linkのスペック一覧
対応OS iOS/Android
接続距離 80m程度
電池寿命 約1年 電池交換可(CR2032)
防水性 IPX4
音量 ~80dB
保証 最大24か月(18ヶ月+6ヶ月)

接続距離は80mでAirTagより広範囲で音を鳴らせる

スマホとのBluetooth接続距離は最大で80m程度

AirTagの接続距離は50m程度であったため、SmartTrack Linkのほうが30mほど長いです。

 

また人気スマートタグであるTile Mate(2022)の接続距離は75mであり、こちらもわずかにSmartTrack Linkのほうが長くなっています。

 

接続距離が長いほど音を鳴らす機能も使いやすくなるため、この接続距離はSmartTrack Linkの強みと言えます

 

電池寿命は約1年、電池交換可能で長く利用できる

SmartTrack Linkの電池寿命は約一年です。電池は市販のボタン型電池(CR2032)であり、以下のようにして交換することで繰り返し使うことが出来ます。

 

電池交換の手順

step
1
バッテリーカバーを開ける

裏面(QRコードがある面)からバッテリーカバーを開けます。

下側にわずかな溝があるため、そこにプラスチックの薄い板など差し込むと上手く開けることが出来ます。(素手ではかなり開けづらいため注意)

 

step
2
正極を上向きにして電池を交換する

バッテリーカバーを開けるとボタン電池(CR2032)を簡単に取り出すことが出来ます。

正極を上向きにして電池を交換し、バッテリーカバーを取り付けたら電池交換は完了です。

 

雨に濡れても安心の防水性能

Security SmartTrack Linkの防水・防塵規格はIPX4となっています

IPX4とは

防塵・防水性能を表す際に使われるのがIPコードです。

 

IPX4の場合は 防水性能「4」・・・いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない

※防塵性能「X」は省略の意味

 

ということを表しています。

 

SmartTrack Linkは水没したときには水濡れによる故障の注意が必要ですが、少し雨に濡れるくらいであれば問題なく使用できる仕様となっています。

 

アラームの音量はAirTagよりも若干小さい

SmartTrack Linkのアラームの音量およそ80dB。筆者としては同じ部屋内であれば十分聞こえるくらいという感想です。

なおAirTagやTile Mate(2022)の音量を同じ条件で測定したときは90dB程度(iPhoneの最大音量や防犯ブザーくらい)であったため、それよりは若干小さい音となっています。

 

バックや棚の中など、音が遮断される場所に置きやすいもちものの場合は特に音量が重要となってきます。その場合はiPhoneのアラームなどで実際に音量を確認することをおすすめします。

 

最大24か月の長期保証で安心

SmartTrack Linkの保証期間は通常18か月。この期間に不具合が生じた場合には交換や修理などの対応をしてくれます。

 

さらにAmazonや楽天などの正規取扱店舗にて購入した上で、Anker Japan 公式サイト会員となっている場合には保証期間が6か月延長され、合計で24か月保証となります。

多くスマートタグは半年~1年の保証であり、この長さは驚きです。

そのため長期間安心して使えるスマートタグとしてもおすすめ出来ます。

 

Anker eufy Security SmartTrack LinkとAirTagの比較

次にSmartTrack LinkとAirTagの違いやそれぞれのメリット、デメリットを解説していきます。

どちらも「探す」ネットワークによる検知が可能なスマートタグ。どちらを選ぶか迷いやすいと思うのでぜひチェックしてみてください。

以下の表にそれぞれの機能とスペックをまとめています。

 

Anker eufy SmartTrack LinkとAirTagの比較表
  Anker eufy Security SmartTrack Link AirTag
機能
音を鳴らす
スマホを鳴らす ×
正確な場所を見つける ×
マップで確認 最後に検知した場所の確認
「探す」ネットワークによる検知
見つけてくれた人にメッセージを伝える
置き忘れ通知
共有機能
スペック
対応OS IOS/Android IOS
サイズ(mm) 縦37、横37、厚さ6.5 直径31.9、厚さ8.0
重さ 10g 11 g
最大接続距離 80m程度 50m程度(実測)
音量 ~80dB ~90dB
防水性能 IPX4 IP67
電池 交換 ○(CR2032) ○(CR2032)
  寿命 1年 1年

メリット・デメリット一覧
  Anker eufy SmartTrack Link AirTag
メリット
  • スマホを音で探せる
  • 接続距離が80mでAirTagよりも長い
  • 保証期間が長い
  • 価格が安い
  • 「正確な場所を見つける」機能が使える
  • 防水性能が高い
  • ケースの種類が豊富
デメリット
  • カラー、ケースの種類が少ない
  • AirTagからスマホを音で探せない。
  • ケースがないと取り付けにくい
  • 価格が高め

SmartTrack Linkのメリットはコスパの良さ。

機能については「正確な場所を見つける」以外はAirTagに搭載されている機能は揃っており、さらにSmartTrack Linkからスマホを呼びだす機能が増えています。

 

加えて価格、保証期間もAirTagよりも優れており、実用性ではAirTag以上とも言えます。

カラーやケースの種類は少ないですが、デザインにこだわらないのであればSmartTrack Linkでも十分でしょう。

 

AirTagのメリットは「正確な場所を見つける」機能を使える点とデザイン性

「正確な場所を見つける」機能は、スマホから約10m以内のAirTagの位置を示してくれる機能。

音を鳴らす機能より有効距離は短いですが、より正確に場所を特定出来ます。騒がしい場所や図書館などの音を鳴らしづらい場所などでも使用しやすいため使い勝手がいいです。

「正確な場所を見つける」機能では近くAirTagまでの距離と方向を示してくれる。

出典:探す(Apple)

デザインはAirTag自体がApple製品特有の洗練されたものである上、ケースの種類が豊富でハイブランドから100円均一までの様々なものを選べるのが魅力です。

 

一方でAirTagのデメリットは価格面。

AirTag本体が高価であることに加え、取り付けのためにケースが必要となる場合が多いです。

 

なお機能面ではAirTagからスマホを音で探せないのも残念ですが、Apple Watchを持っていればそちらのスマホを鳴らす機能でカバーできます。

 

Anker eufy Security SmartTrack LinkとTile、MAMORIOとの比較

SmartTrack LinkをAndroidで使う場合は「探す」ネットワークによる検知が使えないのが残念。

しかしその他の機能も優秀であるため、十分に役立ってくれます。

 

ここではAndroidでの使用できる人気スマートタグのTile、MAMORIOと比較してそれぞれのメリット・デメリット、どれを選ぶべきかを解説していきます。

Anker eufy  Security SmartTrack LinkとTile Mate(2022)、MAMORIOの比較表
  Anker eufy Security SmartTrack Link Tile Mate(2022) MAMORIO
機能一覧
音を鳴らす ×
スマホを鳴らす ×
マップで確認 最後に検知した場所の確認
他のユーザーによる位置情報の更新 △(iOSのみ)
見つけてくれた人にメッセージを伝える ×
置き忘れ通知 △(プレミアム入会時)
共有機能
その他の機能  
  • 延長保証(プレミアム加入時)
  • カメラで探す
  • レベルメータ
  • あんしんプラン
  • OTAKIAGE
  • お忘れスマホ自動通知サービス
スペック一覧
対応OS IOS/Android IOS/Android IOS/Android
サイズ(mm) 縦37、横37、厚さ6.5 縦38、横38、厚さ7.2 縦35.5、横19、厚さ3.5
重さ 10 g 9 g 3 g
最大接続距離 80m程度 75m 60m
音量 ~90dB ~90dB -
防水性能 IPX4 IP67 ×
電池 交換 ○(CR2032) ×(Tile Proは○) ×(MAMORIO REは○)
  寿命 1年 3年 1年

メリット・デメリット一覧
  Anker eufy Security SmartTrack Link Tile Mate (2022) MAMORIO
メリット
  • 音を鳴らす機能と置き忘れ通知が標準搭載
  • 電池交換可能で長期間使える
  • 音を鳴らして探すことが出来る。(音量はSmartTrack Linkよりも大きい)
  • 電池寿命が3年で長い
  • Tile Premium(有料のサブスクリプションサービス)に加入で機能性は抜群、保証期間も延長される
  • 軽量、コンパクトなサイズ
  • あんしんプラン、OTAKIAGEなどのサービスが豊富
デメリット
  • Android端末での使用では「探す」ネットワークで検知出来ない
  • 置き忘れ通知はTile Premiumに加入しないと利用できない。
  • 音を鳴らして探せない
  • 見つけてくれた人にメッセージを伝えられない
  • 防水性能なし

SmartTrack Link、Tile、MAMORIOはそれぞれのデメリットが明確なので、それを確認して選ぶのがおすすめ

 

SmartTrack LinkはAndroid端末での使用時には外での紛失時に「探す」ネットワークによる検知が出来ないのがデメリット

反対にそれ以外のスマートタグに欲しい機能は一通り搭載されています。

音を鳴らして家でのなくしものを探す、置き忘れを防止する役割は十分に果たしてくれます

なお外での紛失時も、マップでは最後に検知した場所を確認できるうえ、見つけてくれた人にメッセージも伝えることも出来るため、全く役立たないということはありません。

 

Tileは置き忘れ通知機能を使うためには有料のサブスクリプションサービス(Tile Premium)に加入しなければならないがデメリット

一方で無料でも音を鳴らす機能は利用可能な上に、その音量はSmartTrack Linkよりも大きく優秀。

さらに、Tileネットワークによる検知も可能。Appleの「探す」ネットワークほど検知の頻度は高くありませんが、外出時の紛失でも頼りになってくれます。

なおTile Premiumは置き忘れ通知機能だけでなく、延長保証なども追加されるメリットがあります。値段は年間3600円でTileをいくつ使っていても同じ。鍵や財布、バッグなど複数のもちものに取り付ける場合はお得です。

持ち物を音を鳴らして探す、Tile Premiumに加入して複数のTileを保有するなどの使い方をする場合はおすすめです

 

MAMORIOは音を鳴らして探すことが出来ないのがデメリット

一方で、独自サービスが豊富であることが魅力。

  • MAMORIOの紛失時に補償金を受け取れる「あんしんプラン」
  •  MAMORIOを定期的に割引価格で交換することが出来る「OTAKIAGE」

など、MAMORIOを快適に使用してなくしものを防ぐサポートをしてくれます。

機能についても置き忘れ通知機能については優秀のため、財布などの置き忘れることを防げるスマートタグが欲しい場合は特におすすめです。

 

Anker eufy Security SmartTrack Linkの評判(良い口コミ・悪い口コミ)

次に実際にSmartTrack Linkを使用した人の評判(良い口コミ、悪い口コミ)について紹介します。

良い口コミ

まず良い口コミについてはまとめると以下のようでした。

SmartTrack Linkの良い口コミ

  • Appleの「探す」アプリに対応していて、位置情報が取得しやすい
  • AirTagより安い
  • Ankerは保証・サポートがしっかりしていて安心して使える
  • 直接キーホルダー等につけられるのが良い。
  • スマホと双方向で探せるので便利。
  • 電池交換が出来るため長期間使える。
  • GPS端末の代わりに子供に持たせられる

全体としてはAppleの「探す」ネットワークによる検知が出来る上にAIrTagよりも値段や保証が充実していて、コスパが良いというような評判が多く見られました。

またお守りとして子供に持たせている人もいるよう。もしものときに目安となる位置が知れるのは嬉しいところです。

なお子供の見守りについて本来の使い方(もちものの紛失防止)ではないため、きちんと子供の位置や行動を把握したい場合はスマホやその他のGPS端末などを検討してみましょう。

高い位置情報の精度だけでなく、学校などの特定の場所についたときに通知が届けられるため安心です。

 

悪い口コミ

反対に悪い口コミについてはまとめると以下のようでした。

SmartTrack Linkの悪い口コミ

  • Androidではスマホと接続していないと位置の特定が出来ない
  • ポケットやカバンの中で誤って操作されて音が鳴ってしまう
  • 置き忘れ検知が来るのが遅い。誤通知が来ることが多い。
  • 電池の交換が少しやりづらい。

まず多かったのはAndroidでは「探す」ネットワークが使えないことを知らないで購入してしまったという口コミ。あくまでこれはiPhoneでの使用時のみの機能なので注意です。

ポケットやカバンの中での誤操作についての口コミが見られましたが、このトラブルは筆者も一度経験しました。バックの奥で圧迫されてボタンが押されたことが原因だったようなので、そのようなことはなるべく避けるようにしましょう。

置き忘れ通知が来る距離、誤通知の量についてはAirTagと同しくらいであるという印象。置き忘れ通知の距離の調整はMAMORIOが可能なので、どうしても我慢出来ない場合はそちらを検討してみましょう。

 

まとめ

本記事は「Anker eufy Security SmartTrack Link レビュー 【AirTagとの違いやAndroidでの使用感も解説】」について書きました。

Anker eufy Security SmartTrack LinkはAppleの「探す」ネットワークで検知出来て、AirTagよりもコスパのいいスマートタグです。

またAndroid端末での使用時には「探す」ネットワークよる検知は出来ませんが、音を鳴らして探したり、置き忘れを防止するなどのスマートタグとしての役割をしっかりと果たしてくれます。

スマートタグを使いたいと考えている人は誰でも一度は確認しておきたい製品と言えるでしょう。

本記事が参考になれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

-もちもの紛失防止(スマートタグ)